VATとは

 

VAT とは Value Added Tax の略称で、日本では付加価値税と言う名称でも

呼ばれています。

 

■お手元にあるドイツ、フランス、イギリスなどヨーロッパ諸国で受け取られた 

インボイスやレシートをご覧になってください。国によって呼び名は異なるのでが、VAT, MWST, BTW, MOMS,IVA, TVA, GST などという名称で、10%から27%もの税金を支払われたのに気がつかれる事とでしょう。これがVATと呼ばれる付加価値税です。ビジネス経費に課税されたVATの払い戻しが可能なのです。

 

■フランスで第二次世界大戦後始められたインボイス方式の間接税制度ですで、現在ヨーロッパ諸国をはじめ、カナダ、韓国など80国以上に普及しています。

 

■日本の消費税と同様、VATはヨーロッパや海外諸国で生産の全過程において課せられる税金で海外で購入された商品やサービスのほとんど全てに加算されています。

 

■1988年に、EU第13号指令とよばれる税法が施行されて、European Union  (欧州連合)外に所在地がある外国企業は、VATの還付請求を行うことができるようになりました。 非居住事業者であるという条件を満たすことが出来ば、日本企業はVATの還付請求が可能です。

 

■日本企業が還付を受けることの出来る国は、現在 約30カ国ほどあり、その数は毎年増加しています。

​​​​© 2019 Global VAT Solutions, LLC