グローバルコスト削減のサポート

移転価格税制について
 
移転価格税制(Transfer Pricing Taxation)とは、独立企業間での取引価格と   
異なる価格でグループ企業間の取引が行われた場合に、独立企業間価格で    
取引したと見なされて課税される制度です
 
OECD移転価格ガイドラインに準じて、日本では独立企業間価格の算定方法が決定
されます。(租税特別措置法第66条の4第2項)
 
移転価格税制が導入された当時は、日本に進出している外国法人の調査が主流でしたが、最近の移転価格調査では、日本法人と国外グループ企業間の取引を対象としたものが増加する傾向があります。移転価格調査は通常1年から2年にも及び、課税額も毎年急増しているという調査結果が最近発表されました。
 
移転価格課税のリスクを事前に防ぐ為GVSでは下記のような分野のサポートを
提供します。
 
  • 移転価格リスク分析と評価
  • グローバル移転価格ポリシー作成
  • 日本国版の移転価格ドキュメンテーション
  • 移転価格調査対応のサポート
  • グローバルタックスマネジメント
関税の還付について

 

アジア諸国に輸出した場合に課税される関税の還付が可能です。条件や制限があり、

対象国は限られていますが、お気軽にご連絡ください

​​​​© 2019 Global VAT Solutions, LLC